軽量テント lanshan1 (ランシャン1)の違い/ルナーソロ比較

かえる

ランシャン1の事を詳しく知りたい。

うさぎ

ルナーソロと何が違うの?

この記事は、そんな疑問にお答えします。

本記事でわかること
  • ランシャン1の違い

  • ルナーソロとの違い

  • ランシャン1の選び方

この記事を読んだ後、あなたが購入すべき、ランシャン1が分かります。

タラコ

筆者はランシャン1Proを購入しました。

目次

3F UL GEARとは?

3F UL GEAR(スリーエフ ユーエルギア)は、 2009年に設立した中華系のアウトドアブランドです。

ULハイキング、UL登山に特化した商品を販売しています。

▼3F ULGEARの公式サイト

3F UL GEAR Ultralight Outdoor Ge...
HOME - 3F UL GEAR Ultralight Outdoor Gears Est.2009 3FULGEARは2009年以来高品質の超軽量テントを作っています。 TOP PICKS 蓝山 1 780g, 1-person, double wall BUY NOW 蓝山 2 1120g, 2-p […]

lanshan1 シリーズについて

lanshan1は、全部で4種類ある

lanshan1 は、軽量の1人用ワンポールテントです。

proモデル、更にそれぞれ3シーズン、4シーズンが存在し

ランシャン1だけで4種類あります。

※PROではない、lanshan1通常モデルと呼んでいきます。

通常モデルとPROの違い

  • 通常モデルはダブルウォール

  • Proモデルはシングルウオール

この1つのみです。

タラコ

簡単にいうと、インナーテントが有るのか?無いのか?です。

ダブルウォールの特徴
  • フライシートとインナーテントの2層構造

  • 重い

  • 結露に強い
シングルウォールの特徴
  • フライシートのみの1層構造

  • 軽量

  • 結露しやすい

  • 設営、撤収が楽

ポールは付属しません

テント本体やペグ等は付属してきますが、ポールは付属してこないので注意が必要です。

どうせ軽量なテントを購入するなら、軽量なトレッキングポール購入をオススメします。

▼僕が購入したオススメのポールのレビュー

かえる

まだまだ分からないことが…

それぞれのテントを詳しく見ていきましょう。

lanshan1(通常モデル) について

lanshan1(通常モデル)は、テント本体 が760gのダブルウォール構造です。

カラーはグレー、グリーン、カーキの3色です。

内部の広さは下の画像の通り。

モンベルのステラリッジ1、アライテントのエアライズ1より内部は広いです。

会社・商品名面積(前室込み)
mont-bell・ステラリッジ1 2.13㎡
アライテント・エアライズ12.29㎡
3F UF GEAR PRO・ランシャン1Pro2.85㎡

3シーズン、4シーズンの違い

通常モデルの各シーズンの違いは、

インナーテントのみです。

3シーズン用はメッシュ構造で、通気性が抜群。

4シーズン用は、ほぼナイロン生地で防風性が高いです。(上部の一部分のみメッシュ)

タラコ

インナーテント単体でも使えそうです

lanshan1 pro(プロモデル)について

lanshan1proは、テント本体が690gのシングルウォールテントです。

展開カラーと外径の大きさは通常モデルと全く同じです。

通常モデルとの違いは以下の通りです。

通常モデルとの違い
  • 軽量化している

  • 室内空間が広い

  • フライシートの強度が高い
かえる

それぞれ、詳しく解説していきます!

軽量化

lanshan1proは、テント単体が690gで、通常モデルより70g軽量化されています。

空間が広い

外径は通常モデルと全く一緒です。

インナーが無いことにより、室内空間が広くなっています。

室内はこんな感じです。

フライシートと床部分がメッシュにより接続されています。

フライシートの強度がUP

フライシートに使われている、生地の厚さが違います。

通常モデルが、15デニールの生地。

プロモデルは、20デニールの生地を使っているので、耐久性がアップしています。

内部の様子

内部はこんな感じです。

中間にメッシュ生地があり、完全に個室となっているので、虫は入ってきません。

前室があるのは、嬉しいポイントです。

タラコ

しかも、結構広いです。

▼詳しいランシャン1Pro購入レビューはこちらから

3シーズン、4シーズンの違い

入り口を開けると、前室と内部の部屋と分かれています。

仕切りの違いが、3シーズン、4シーズンの違いです。

3シーズンならメッシュ生地。

4シーズンならナイロン生地です。

3シーズン用の内部 仕切りの生地がメッシュです。
うさぎ

冬も使いたいからPRO4シーズンにしよう!

と、思っている方注意してください。

4シーズン用でも、内部はメッシュでつながっています。↓

そう、冬でも冷気が入ってきます。

YouTuberであるRon KAKAさんも隙間があるので「4シーズン用のテントを購入する意味はないのかな」と動画内で言っておりました。

タラコ

4シーズン用が欲しいなら、通常モデル購入をオススメします。

lanshan1 とlanshan1 proの比較表(両方3シーズン)

lanshan1 lanshan1 pro
構造ダブルウォールシングルウォール
重量760g (テント本体)690g(テント本体)
フライ15Dポリウレタンナイロン20Dシルナイロン(耐水圧2000mm)
床面20Dナイロン(耐水圧6000mm)20Dポリウレタンナイロン(耐水圧6000mm)
サイズ270 × 110 × 125cm 270 × 110 × 125cm 
収納サイズ34 × 15cm 34 × 15cm
価格(3シーズン)137$(17,673円)1$=129円169$(21,801円)1$=129円

価格差は、約3,000円です。

タラコ

3,000円の価格差は、絶妙な設定だと思いました。

lanshan1の選び方

※あくまで、筆者の主観である事をご承知おきください。

一番のオススメは、lanshan1proの3シーズンを購入する事です。

理由は、ランシャン1(通常モデル)より

  • 室内空間が広い事

  • 軽い事

  • フライの生地強度が強い

からです。

▼詳しいランシャン1Pro購入レビューはこちらから

今後、フライ、インナーを別々で使用したい。という方であれば、通常モデルを購入するのもアリです。

※lanshan1のインナー4シーズンテントは別売りで購入可能です。

冬でも使用したいと思うのであれば、通常モデルの4シーズン用をオススメします。

▼通常モデル

▼PROモデル

シックスムーンデザインズ/ルナーソロとの比較 /Six Moon Designs Lunar Solo

見た目は、ほぼ変わりません。

ルナーソロ(2022年モデル)lanshan1 pro(3シーズン)
構造シングルウォールシングルウォール
重量680g(テント本体)690g(テント本体)
フライ20D シリコンコーティングポリエステル20Dシルナイロン
床面40Dシリコンコーティングポリエステル20Dポリウレタンコーティングナイロン
バスタブの高さ15㎝11㎝
サイズ267 × 199 × 121cm270 × 170 × 125cm 
収納サイズ28 ×10㎝34 ×15cm
価格(3シーズン)46,200円21,801円(169$)1$=129円計算

スペックについては、ルナーソロが上です。

しかし値段は、ランシャン1PROの方が、半額以下で買えます。

居住性については、高さ、縦幅はほぼ変わらないです。

全体の横幅については、20㎝ほどルナーソロの方が大きいです

レビュー等をみていると、ルナーソロとlanshan1 proはほぼ変わらないという意見が多数でした。

まとめ、購入の結論

結果、lanshan1 pro3シーズンを購入しました。

購入レビューは以下の記事を参考にしてください。

タラコ

海外ハイカーにも、lanshan1 pro3シーズン用が人気です!

lanshan1 (通常モデル)↓

lanshan1 pro ↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ミニマリストの30代男。最近はアウトドアの道具をUL (ウルトラライト)な感じで買ってます。 私服の制服化/FIRE/健康/時短/作業効率/幸せを求め日々試行錯誤です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次